一台の車から始まった。

「昭和元禄」と呼ばれた
高度成長期のまっただなか、
一台の車と未来への想いだけで創業した。

街を創ることは、未来を創ること。
一緒に「創る人」になりませんか。

大米建設は創業から55年、ひたすらに創ってきました。
道を、建物を、そして暮らしを創ってきました。
これからも創り続ける会社であるために、新たな力を待っています。